費用を考え安く治療したければ

マウスピース

日本では歯並びにコンプレックスを抱えている人が多くいます。それは世界と比較しても矯正治療は費用が高く、治療に二の足を踏む人が多いためです。子供のころは、家庭の事情により高額な費用が掛かる矯正歯科治療を受けられない人も多いです。また大人になってからも、健康保険適応外のために治療を見送る人も少なくありません。しかし単に歯並びが悪いという見た目の問題のほか、咀嚼や発音に問題がみられ上顎前突症などの病名が付く場合には、医療費控除が適応される可能性があります。遠慮なく東京の矯正歯科クリニックに相談してみるとよいでしょう。できるだけ費用を安く治療したければ、部分矯正や従来型の歯の表面にワイヤーやブラケット装置を付ける方法で治療するとよいでしょう。ほかにもインビザラインという治療法もあります。

見えない矯正治療が注目されている

東京の矯正歯科クリニックで特に注目を集めている治療法がインビザライン矯正です。この治療法は費用も安く、程度によっては50万円前後で治療することができます。インビザライン矯正は透明のマウスピースを用いて歯を動かしていきます。透明のマウスピースを用いるので、従来の治療法と異なり治療が見えない仕組みになっています。そのことで多くの人から注目を集めるようになっています。またインビザラインのマウスピースは自分で着脱できるのも魅力です。従来型で歯の表面に装置がついていると、装置に食べかすがからまってなかなかそれを綺麗に自分で取り除くことが難しく虫歯リスクが高くなってしまいます。しかしインビザラインであると、マウスピースを外し歯の隅々まで磨き残しなくブラッシングできるので、虫歯になる確率が低いと言われています。

安い治療費とマウスピースでの治療の魅力

日本では歯並びにコンプレックスを抱えている人が多くいます。しかし治療費が高いといったことから矯正治療に二の足を踏む人が多くいます。もし治療費を安く抑えたいのであれば、一度東京の矯正歯科クリニックで相談してみるとよいでしょう。歯並び以外に咀嚼や発音に問題が見られれば、上顎前突症の病名がつき医療費控除を受けられる可能性があります。また従来型の歯の表面にワイヤーやブラケットを付ける治療法ではなく、インビザライン矯正を選択するとよいでしょう。インビザライン矯正であれば費用も従来型の治療よりも安く、50万円前後で治療できる可能性があります。またインビザライン矯正は、従来の治療法とは異なり自分でマウスピースを着脱できるメリットがあります。その事で歯磨きを徹底でき虫歯リスクを軽減できます。なおかつ透明のマウスピースを用いるので人から治療が見えないのが最大のメリットです。

広告募集中